リハビリテーション科

運動器リハビリテーション

加齢による運動機能の低下やスポーツからくる痛みの改善

理学療法士による指導のもと脊椎や足関節が主な原因とされる退行変性(老化現象)疾患や野球・テニス・サッカー・陸上競技などのスポーツ障害による痛みの改善を図ります。

志匠会ひばりクリニックでは、退行変性疾患やスポーツ障害の治療を中心にリハビリテーションの提供を実施しております。
特に脊椎疾患に関しては、脊椎疾患の手術を行っている本院の品川志匠会病院と緊密に連携してリハビリテーションを行っております。

☆リハビリテーション科 機器の紹介☆
【レッドコード】
レッドコードは筋肉の緊張を和らげたり、ストレッチやコアトレーニングに効果的とされている機器です。首や手足など体の一部を吊り下げることで重力の影響を軽くしながら体を動かすことで、効率的に運動や柔軟性を改善することができるため無理なくリハビリを進めることができます。
重力による体への負担が軽減することでリラックスした状態でリハビリを行うことができますので、筋緊張の緩和や効果的なストレッチ、コアトレーニングなどをお考えの方は理学療法士にご相談下さい。

【エルゴメーター】
エルゴメーターは、有酸素運動を行うためのリハビリ機器の1つです。有酸素運動が行えるため、体力を向上(心肺機能強化)したり、糖尿病など生活習慣病の予防、脳機能低下や脳卒中などの疾病を予防するのに効果的とされています。
また、エルゴメーターは1人1人のお体の状態に合わせて負荷量を調整できるため、ご高齢の方や膝が痛い方でも筋力の強化が図れます。

【コンビネーション刺激装置】
コンビネーション刺激装置は、超音波と電気刺激による治療が可能な機器です。超音波には温熱効果とマイクロマッサージ効果があり、体の深い部分を温めながら通常のマッサージでは手が届かない筋肉や関節などの組織をマッサージすることができます。それにより、血行が促進され緊張した筋肉をほぐすと共に、関節の痛みを和らげる効果があります。電気刺激では痛みがある部分に電気をかけることで人工的に痛みのある部分の筋肉を動かし、ほぐしていきます。そうすることで血行を促し筋肉の萎縮を改善したり、痛みを和らげたりすることができます。スポーツなどによる激しい運動で生じた筋肉の緊張や関節の痛みを緩和・軽減するのにも効果的です。

【低周波治療器】
3種類のモード「TENS」「EMS」「MCR」の選択が可能な低周波電気治療器です。TENSは知覚神経に対して刺激を加え、痛みを和らげたり、筋肉をマッサージしてコリやマヒをほぐす治療方法です。EMSは筋肉や運動神経に刺激を与えて筋肉を収縮させる方法です。これにより手や足が動かしづらいといった症状がある方でも筋力強化を行うことが可能です。MCRは人間の体にもともと流れている生体電流に似た弱い電気を加え、ケガや痛みの治療を行います。

【ホットパック】
厳選された5種類の鉱石と磁器セラミックボールを使用したホットパックです。優しく押さえられているような心地よい重みと、約70℃に温められた鉱石が生み出す遠赤外線効果で体の芯まで温まり、リラックスしながら患部の治療効果を促進することができます。

インソールのご紹介はこちら